過矯正

レーシックを受ける前の検査に関して

最初のレーシック適応検査では視力検査で術後の視力がどこまで上げられるか角膜がレーシック手術に耐えられる状態かをチェックします。
視力検査では裸眼視力と矯正視力を測定します。
裸眼視力とは眼鏡やコンタクトレンズを使用しません。
矯正視力では裸眼の状態からレンズの度数を換えながら近視、遠視、乱視の程度を測定し、その視力を矯正視力といいます。

基本的には両方行ないます。
診察では目の表面に異常がないか、他の病気がないか確認します。
適応検査の結果によって手術はできないと判断されることがあります。
また、レーシック手術についての説明がありますので、レーシックについて不安なことやリスクなど聞きたいことは質問しておきます。

特に問題なければ後日、術前検査に進みます。
角膜の正常な形を詳細に測定するので、形に影響がでるハードレンズは検査の3週間前、ソフトレンズは1週間前から使用を禁止します。
その間は眼鏡を使用します。
視力検査は手術に設定する数値を決めるものです。

その他に適応検査より細かい10数種類の検査があります。
角膜の細胞の状態や視力以外の機能に問題がないか、手術に必要なデータを集める目的があります。
この術前検査によっては手術ができない判断されることがあります。
術後にどのような見え方になるのか、希望する視力、手術についての説明があります。
ここでの話し合いは十分な時間をかけて納得してから手術を受けることに同意します。

このページの先頭へ